Close

働きながら綺麗になれる美の職業に注目!

ヘアスタイル

働きながらきれいになれる職業に憧れている人は少なくないはず。そこで、美容師やアパレル店員、ファッションデザイナーの紹介と解説をしていきます。

美容師

美容師はちゃんとした国家資格が必要なちゃんとした仕事です。美容師を目指すなら国の指定する美容師専門学校を卒業し、美容師国家資格に合格しなければなりません。

美容師の多くはヘアスタイルを整えるサービスを中心に仕事をしますが、他にもするべき仕事はあります。

  • カウンセリング
  • お客さんが希望する髪型を聞き、イメージ通りの髪型に整えます。美容師は紙を整えるだけでなく、シャンプーの際生え際がどうなっているかもちゃんとチェック、スタイリングに問題がないかさまざまな角度から確認をしています。

  • シャンプー
  • 美容師になるにはシャンプーにも相当な練習が必要となります。シャンプーは最初に美容師が習得する技術です。

  • カッティング
  • 希望通りの髪型にカットします。バランスをしっかり見ながらカットするので、当日だけでなく翌日もスタイリングしやすいようにバランスを保ちながらカットします。

  • カラーリング
  • お客様の要望に沿うカラーに仕上げます。カラー専門の「カラーリスト」と相談して決める美容室もあります。

  • パーマ
  • パーマは熟達した技術と知識が必要な作業。特に難しいのは髪質によって異なるパーマのかかり具合です。最終的なイメージを思い浮かべながら慎重に対応します。

  • セット
  • カッティング、カラーリング、パーマが終了したら仕上げをします。一人でもセットしやすいように仕上げます。また、一人でセットする方法も伝えます。

アパレル店員

  • 接客
  • アパレル店員は接客、商品やブランドに関する知識が重要です。お客様や季節にあわせたコーディネート提案をするためです。

  • レジ
  • レジで会計中もキャンペーンの案内やショップの情報を案内します。リピーター獲得のためにトーク力が問われます。

  • 店内清掃
  • 商品棚、床、試着室についたほこりやゴミがないように丁寧に掃除をします。清掃だけでなく商品に崩れがないかチェックして、整理整頓します。

ファッションデザイナーなど美に関する職業の紹介

  • エスティシャン
  • 肌をみずみずしく磨き上げボディーを最高の状態に仕上げます。

  • ヘアメイクアップアーティスト
  • 本人も気づいていない個性やチャームポイントを強調し、美を引き出します。

  • カラーアナリスト・カラーセラピスト
  • 似合う服をチョイスしてわかがえりを演出します。

  • ファッションコーディネーター
  • スタイルを考慮してどのような服が似合うか、ファッションを提案します。

  • ネイリスト
  • 指先の細やかな女子力をアップします。

  • アロマセラピスト
  • 薬草や花から抽出した精油を使用してストレスを改善します。

  • リフレクソロジスト
  • 肌荒れ、冷え性、肩こり、むくみなどを改善するプロです。

  • ボディーケア・マッサージ
  • 身体のリンパや血液の循環を改善し、疲労や不調を解消します。