最近よく聞く「マネー用語」を徹底解説

最近よく聞くマネー用語

日々色々なニュースが流れていますが、その中にはマネー用語とも言われる経済に関するニュースでよく耳にする用語もあります。
よく聞くけれど、実際のところどういうものなのかあまり分かっていないという用語がある方もいるのではないでしょうか。
マネー用語はよく聞くけれど、実際の内容は難しものも多いです。
ですが、知っておくと世の中や経済についてよりしっかりと理解できるようになるので押さえておきたいところです。

ここでは最近よく聞くマネー用語をご紹介します。
チェックしておくことであなたも最近のニュースについていくことができるようになるはずです。
どれも大切な用語なので、ぜひ押さえておきましょう。

最近のマネー用語をご紹介

最近話題のマネー用語と言えば、まずはアベノミクスです。
安倍晋三首相が主導となって行なわれている経済政策で、大きく3つのポイントがあります。

まずは公共事業です。
公共事業を積極的に推進することによって民間企業の仕事が増えて、国民の給料も増えることが予想されます。
次に金融緩和です。
大胆に金融緩和を進めることで、流通するお金が増えます。
これによって民間企業に流れるお金も増え、国民の給料アップに繋がると予想されます。

3つめに成長戦略です。
時代に合わせた成長産業に積極的に投資をすることで、より大きな日本の成長に繋がることが期待されます。
企業が成長することによって国民の給料も増えることが予想されます。

次の用語としてはTPPです。
こちらは環太平洋経済連携協定というもので、正式名称はTrans-Pacific Partnershipと呼びます。
日本では食料品の自由化が注目されており、TPPが推進されると海外の食品などが多く日本のスーパーに並ぶことになります。
これにより日本の農家がダメージを受ける可能性があることが予想されており、議論の的となっています。

最後にNISAです。
少額投資非課税制度というもので、小額投資での利益については税金を非課税にするというものです。
NISA専用の口座を開設してそこから株などを購入して利益を得たとします。
こうして得た利益が100万円まで毎年非課税になり、節税に効果があると注目されています。

マネー用語を勉強しよう

以上、最近注目されている話題のマネー用語をご紹介しました。
ここで挙げた以外にも多くのマネー用語があるため、あなたも気になった用語はチェックしてみることをおすすめします。
より深く学ぶことでさらに経済について学ぶことができ、あなたのこれからにも役に立つはずです。
また、より興味が湧いた用語については書籍やインターネットなどで深く学んでみるのもおすすめです。